『好きな司会者ランキング』明石家さんま3年ぶりに首位奪還!! 上田晋也の“V3”阻むw

aHR0cDovL2NvbnRlbnRzLm9yaWNvbi5jby5qcC91cGltZy9uZXdzLzIwMTQwMTMxLzIwMzM1NDFfMjAxNDAxMzEwNzUxNjEwMDAxMzkxMTI3MDMzYy5qcGc_300.jpeg

ゲストの個性を引き出しながらスムーズな進行が求められる“MC”の役割は、培ってきた経験、


1禿の月φ ★2014/01/31(金) 12:56:18.80ID:???P

テレビ番組に欠かせない、個性的な芸能人たちを仕切る“名司会者”たちの存在。
ゲストの個性を引き出しながらスムーズな進行が求められる“MC”の役割は、培ってきた経験、
場数が如実に反映される。ORICON STYLEでは恒例の『第6回好きな司会者ランキング』を
今年も発表。見事1位に選ばれたのは、“お笑い怪獣”の異名を持つ【明石家さんま】。
昨年まで同ランキングで“V2”を達成していた、くりぃむしちゅー【上田晋也】を破り、
3年ぶりに首位の座に返り咲いた。

■第6回 好きな司会者ランキング
順位/芸能人名
1明石家さんま
2上田晋也(くりぃむしちゅー)
3中居正広(SMAP)
4タモリ
5櫻井翔(嵐)
6今田耕司
7安住紳一郎
8有吉弘行
9ダウンタウン
10羽鳥慎一

【調査概要】
調査時期:2013年1月23日(木)~1月28日(火)
調査対象:合計1000名(自社アンケート・パネル
【オリコン・モニターリサーチ】会員10代、20代、30代、40代の男女)
調査地域:全国
調査方法:インターネット調査 (>>2以降に続きます)

ソース:ORICON STYLE(オリコンスタイル)
http://www.oricon.co.jp/news/2033541/full/
http://www.oricon.co.jp/entertainment/special/page/924/#rk
画像:『第6回好きな司会者ランキング』1位の明石家さんま
entameG
『第6回好きな司会者ランキング』2位のくりぃむしちゅー・上田晋也
entameG
『第6回好きな司会者ランキング』8位に初ランクインした有吉弘行
entameG


103名無しさん@恐縮です2014/01/31(金) 13:39:20.08ID:3geYPKlj0

>>1
なぜ岡村隆史が入らないんだ!?


5禿の月φ ★2014/01/31(金) 12:57:05.49ID:???P

>>3以降からの続きです)
■超売れっ子の有吉も“名司会者”として初のランクイン!!
 そのほか上位ランキング結果を振り返ると、昨年同様3位にはSMAP
【中居正広】がランクイン。さまざまな番組に携わっていることから、もはや
アーティストとしての側面だけでなく、テレビ業界にとってなくてはならない
存在となった感が強い。そして4位には自身の冠番組『森田一義アワー 笑っていいとも!』
(フジテレビ系)の最終回が刻一刻と近づく【タモリ】がランクイン。やはり、長年に渡り
“昼の顔”として君臨してきた氏の功績を称える声が強かった。

 また、初登場としては【有吉弘行】が8位にランクイン。数年前から再ブレイクを
果たしており、現在最も多忙なタレントのひとりである有吉。昨年、自身の冠番組が
一気に5本も増えたことから“いちプレイヤー”としてだけでなく、その巧みな
司会進行ぶりにも評価が高まっており、来年以降もさらなるランクアップが予想される。

 現場の空気をいち早く察知し、即座に対応する“瞬発力”が求められる司会業。
さんまに代表される、司会をこなしながらも自身も“点取り屋”として笑いを取っていくタイプ、
上田に代表される、知識の豊富さでどんなゲストが来ても臆することなく対応出来るタイプ、
タモリのようにどんな番組でもペースを崩さずゲストに対応するタイプなど、多種多様。
来年は今回のランキング結果からどのような変化が生じるのか? 新たなスタイルを確立する
“気鋭の司会者”誕生にも期待したい。(了)


ソース元:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1391140578/

注目の記事

Comment

コメントはまだありません。