ミキティがハリウッド!?映画『ウルヴァリン』挿入歌にハロプロのユニット「セクシーオトナジャン」の『オンナ、哀しい、オトナ』

藤本美貴 ハロプロ

どんな形にせよ、日本とハリウッドが昔よりも身近に感じられるようになったということですね。喜ばしいことです。


1 禿の月φ ★ 2013/07/29(月) 12:06:06.59 ID:???P

『X-メン』シリーズの最新作で、ヒュー・ジャックマン主演の
映画『ウルヴァリン:SAMURAI』(9月13日公開)に、2005年に
藤本美貴が参加していたハロー!プロジェクトのシャッフルユニット
「セクシーオトナジャン」の『オンナ、哀しい、オトナ』という曲が
挿入歌として使われていることが分かった。

その事実が分かったのは、アメリカの映画情報データベースサイト
「IMDb」のSoundtracks欄に「Onna, Kanashi, Otona Written
by Yoshiko Miura and Tsunku Performed by Sexy Otonajan
Courtesy of Up-Front Works Col, Ltd. / Hello! Project」と
記載されていたことをファンが発見したことがきっかけ。

ファンが28日に直接ハロー!プロジェクトのプロデューサー・つんく♂の
ツイッターアカウントに宛て「セクシーオトナジャン『オンナ、哀しい、オトナ』って 、
ハリウッド映画の『The Wolverine』に使われるんですか?スゲーーー!!!」と
質問すると、「そそ。なんかそんな話が来てた。もう正式発表になってた?」と返信している。
(>>2以降に続きます)

ソース:クランクイン!
http://www.crank-in.net/movie/news/25822


2 禿の月φ ★ 2013/07/29(月) 12:06:26.70 ID:???P

(>>1からの続きです)
『オンナ、哀しい、オトナ』は、2005年6月に発売されたハロプロで当時恒例だった
シャッフルユニットソングで、当時、モーニング娘。に在籍中で20歳のミキティと
Berryz工房の夏焼雅、℃-uteの村上愛(現在は引退)で結成された
ユニット・セクシーオトナジャンが歌ったものだ。

なお、その『ウルヴァリン:SAMURAI』の挿入歌として、
由紀さおりが1970年に発売した『生きがい』と、ヒップホップ・プロデューサー・
DJ PMXの『その時が来るまで… feat. K DUB SHINE』も併記されている。

『ウルヴァリン:SAMURAI』は、大ヒット・シリーズ『X-メン』で
最高の人気を誇るキャラクター・ウルヴァリンが、日本を訪れる
驚愕のプロジェクトを敢行したスーパー・ハイブリッド・アクション超大作。

映画の舞台が日本というだけではなく、日本を代表する国際派スターの
真田広之ほか、トップモデルとして世界的に注目を集めている福島リラと
TAOも出演するなど話題を呼んでいる。

本作では、新宿、秋葉原、上野、港区芝の増上寺、さらに広島など、
日本各地で異例の大掛かりなロケを行っているが、どのシーンで
ハロプロの楽曲が流れてくるのかが注目される。(了)


5 名無しさん@恐縮です 2013/07/29(月) 12:08:17.42 ID:Xn/FnJ9a0

>>1
止めてくれ~~


3 名無しさん@恐縮です 2013/07/29(月) 12:07:54.44 ID:dB+C5D900

なんという馬鹿なユニット名だよ


4 名無しさん@恐縮です 2013/07/29(月) 12:08:09.28 ID:RoPKhdVm0

意味わからん歌のせいで台無しになるな


6 名無しさん@恐縮です 2013/07/29(月) 12:08:49.60 ID:QA8WjAYN0

>挿入歌として、由紀さおりが1970年に発売した『生きがい』

こっちのほうがニュースだろ


9 名無しさん@恐縮です 2013/07/29(月) 12:26:54.09 ID:Bvicf5Lg0

ラルクの浸食もゴジラに使われるとニュースになってワクワクしてたら
日本の漁船でラジオから聞こえないような音量で流れてただけで小学生ながらショックだったわ


11 名無しさん@恐縮です 2013/07/29(月) 12:28:42.95 ID:So8qq6/p0

なんかユニットで3つくらい同時に出したなってかすかな記憶があるけど


7 名無しさん@恐縮です 2013/07/29(月) 12:08:56.28 ID:toXpYG+E0

すまん
俺は意味がわからない
ふざけてるのか??


注目の記事

Comment

コメントはまだありません。

Comment form

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>